ROOT催事場キャラ紹介

きしてけ。

[本編リンク]

この漫画は誰が主人公なのよ、ときかれたら、この人。
ときめいてそれでいてメモリアルな高校生活を夢見ていたが、
入った普通科高校は女子とは全く無縁の世界であり、凹む毎日。

常識人であり、周りのけったいな人たちに翻弄されることになる。
時には自分が常識人であることが非常識であると感じるくらい。
青くて青い春の時期に、この環境はねえべ、と。

最後の方になるとこの環境にすっかり慣れてしまうのであるが。

野口

森と同じクラスの人。
会って早々、奇行に翻弄されることになる。
芸人になることを夢見ている。
今体験していることを全部ネタにして。

時々オネエ化する。
本人いわく、オスばかりいる集団ではよくあることらしいが、
そんなことをするのはミジンコくらいなものである。

小野島

森と同じクラスの人。
背格好が小学生のそれくらいしかないが、ちゃんと高校生である。
とっても頭がよくて小学校から飛び級で入ってきたわけではない。
背格好をいじられるのがやはり好きではない。

いじりさえしなければ、明るくていい子である。
最初は誤解もあってなかなかそうならないのだが、次第に打ち解けていく。

中学生のときは、見てのとおりバスケ部でした。

貝原

森と同じクラスの人。
横にでかい。

野球部ではない。ましてや、キャッチャーではない。

吉良

森と同じクラスの人。
アニメやゲームなどに非常に深い造詣がある。

でもネット用語は言わないようにしている。

下吉田

森と同じクラスの人。
野球部。

常に丸坊主だが、これではモテやしないと悩んでいる。

刈谷

学校の用務員さん。
いい年だが未だ独り者。

結婚しようにも結婚できないらしい。

ラチカ

学校の自販機あたりにいる、天使。
森にしか姿が見えないらしい。

なぜ学校にいるかというと、特に大きな意味はないらしい。