ROOTWEB企画ドラえもんゲーム列伝

ドラえもん4 のび太と月の王国

1995年に、エポック社から発売されました、スーパーファミコン4作目のゲームです。

これまでの探索パートをほとんど廃し、一本道のアクションになりました。
また、おそらくドラゲーム唯一だと思うんですが、二人同時プレーが可能です。
ただし二人同時プレーになると足の引っ張り合いにしかならず、難易度は跳ね上がります。
ライフが二人共用なので、一人が無傷でももう一人がダメージをたくさん食らうとワンミスです。
つまり二人プレーになるとダメージを受ける確率も2倍ということになります。
ほとんど意味がないので、最初は一人のほうがいいでしょう。

今回もパスワードコンティニューですが、パスワードが秘密道具の名前になっていて、 無秩序な文字列よりかは覚えやすくなっています。
その代わり残機などの情報はすっぽり抜けることになりますが、 残機は結構簡単に増やせるのであまり問題じゃないです。

ステージ中のアイテム「ふりだしにもどる」を取ると、 それ以降で残機を失っても、ステージ最初に戻らず、その地点からスタートとなります。
そう、ここでようやく、中間地点が実装されたのです。
でもアイテムを取らないと発動せず、自動では設定されないので、 少し、というか、かなり後ろ向きな実装のようにも解釈できます。

難易度は、一人プレーしているうちは、簡単なほうだと思います。
途中のボス戦は、安置さえ見つけてしまえば、雑魚以下となります。
かえって雑魚が強いんです。このゲーム。
同じ敵キャラクターでも、一撃で倒せるものと、何発も当てないと倒せないものとあり、 その見分けが一切つかないのです。これはやりづらい。
アクション面ならともかく、非常に早い強制スクロールする面では、 この違いが如実に現れることになります。ストレスです。
(強制スクロール面は本当に早いです。普通のシューティングなら高速スクロール並みになるかも)
難易度を「かんたん」にすると、ほとんどの敵が一撃で倒せるようになるので、 ある意味解消はされるんですが、今度は一気にヌルゲーに化すんですよね。
とても中途半端なバランスです。

プレーヤーキャラにドラミを選択すると、ステージのあちこちにドラミブロックが現れ、 穴に落ちるようなところでも助かるようになります。
ドラミを選んでしまっても、ヌルゲーと化します。
ゲーム慣れしてないのならともかく、いい大人が使う物ではないので、ドラミ使用禁止がお勧め。

実際のところは、女の子がプレーすることを想定してるんだと思います。
女の子はあまりゲームにこなれてないから、こういう難易度の低いキャラクターを作れば、 やってくれるんじゃなかろうかという、メーカー側のおせっかい、なんじゃなかろうかと。

このゲームも3同様、ゲーム書き換えシステムで配信されたものです。
1000円でしたが、この値段もかなり魅力的でした。 やっぱり高かったんですよ。

お勧め度:☆☆

4部作のラストを飾るにはちょっと寂しい内容かな。