ROOTWEB企画ドラえもんゲーム列伝

ドラえもん3 魔界のダンジョン

今回ご紹介するのは、プレイステーション3部作のラストです。
なんと今回は、いわゆるローグライクゲームとなっております。
何があったエポック社。
ローグライクは、RPGに分類しちゃっていいのかな?

私、ローグライクゲームって、元祖のゲームを含めて、全くやったことありません。
で、このレビューに向けて、これをやってしまおうと思ったのですが、 プレイステーションのゲームは難易度が非常に高いことをすっかり忘れておりまして、 全く歯が立ちませんでしたorz
人によっては大はまりするゲームかもしれないですが、私には無理のようです。
面白さが全くわかりませんでした。

私がこんな感じでしかないので、あまりあれやこれや書くことはできないんですが、 ゲームシステムとしてどうしても我慢ならないところがありまして、それを書かせていただきやす。

セリフスキップができない。

これは、繰り返しプレーすることが前提のゲームなのに、非常にマイナス要因です。
何度も何度も同じ会話を(一部ボイス入りで)聞かされるのが非常に苦痛。
しかもメッセージ送りも不可能なので、「ようし、もう一度!」という気持ちが全く起きません。
正直、この仕様のせいで投げちゃったようなものです。
次作るときはぜひとも改善して欲しいものです。

お勧め度:-

シ○ンやト○ネコのパクリって言う人いるけど、全然違うよ!