ROOTWEB企画ドラえもんゲーム列伝

ドラえもん のび太と三つの精霊石

1997年に、エポック社から発売されました。
Nintendo64では3本発売されており、私は643部作と呼んでます。

精霊石の力が弱まり、封印されていた魔王が復活して、危機に瀕する妖精の世界を助けるべく、 ドラちゃんたちががんばるアクションゲームです。
箱庭ゲームとなりましたが、あの某配管工のゲームを色濃く残しており、 キャラクターを置き換えただけなんじゃ? と錯覚しそうです。

さてこのゲームですが、実はクリアしておりません。
難易度は決して滅茶苦茶高いわけでもないんですが、レースゲームで2度勝つ必要があり、 これがとんでもない難易度で、あえなくギブアップしました。
何度やっても勝てないんですよ。
アクション関係ないじゃん! なんでレースゲームなんか入れるんだよ!
といくら叫んでも、クリアできないものはできませんorz

中古で買ったら、このレースゲームをクリアしたデータがあり、 このデータを使ってラストまで行った感じです。
なもので、実質クリアができてないんです。

こんな体たらくなので批評もなにもないんですが、ひとつ注文をつけるとなると、 こういう3Dゲームは、ドラちゃんには似合わないんじゃなかろうかということです。
3Dゲームの何がイヤかって、こっちの攻撃が全然当たらないんですよ。
爽快感が全くなくイライラしかつのらないのです。

お勧め度:-